【簡単】読書ノートの書き方を伝授!読書ノートの効果とは?

【簡単】読書ノートの書き方を伝授!読書ノートの効果とは?LIFE

本を読んで少し時間が経つと、

「この本はどんな事が書いてあったかな?」

「なんか良いな!と思ったけど、何が良いと思ったんだったかな?」

と思ったことはありませんか?

私も本をよく読みますが、ちょっと時間が経つとすぐ内容を忘れてしまいます。

本を読みながら「本に書いてあることを見習って今度これをやってみよう!」と思っても、数日経ったころにはそのことを忘れていつもと同じやり方、いつもと同じ生活をしている・・というパターンを繰り返していました。

この記事では、読んだ本の内容を記憶に留めて、本で得た知識を自分の生活に活かしていくことができる、『読書ノート』をご紹介します

簡単に始められる読書ノートの具体的な書き方を解説していきます。

『読書ノート』とは

読書ノートとは、読書した本の情報や、その本を読んで思ったことを書き記したノートのことです。

例えば、本の中で良いと思った文章や、本を読んで自分が感じた感想・意見を書いていきます。

本を読んだ感想と言われると、小学生の頃に書いた読書感想文を思い浮かべるかもしれません。

読書感想文は書くのも大変でしたし、誰かに見せたり、発表したりしますが、読書ノートは本のポイントや感じたことをギュッとまとめ、自分だけが見るものですから、気軽に書いていくことができます。

読書ノートの効果

では読書ノートを書くと、どのような効果やメリットがあるのでしょうか。

読書ノートの効果
  • 知識が定着しやすくなる
  • 読んだ本の概要をまとめておける
  • 読書で得た知識を生活に活かせる

知識が定着しやすくなる

読書をしてまず困るのが、読んだ本の内容をすぐ忘れてしまうということではないでしょうか。

私は本を読むスピードが早くないので、仕事終わりの夜の時間に読むとしても、1冊の本を読むのに1日〜数日かかってしまいます。

せっかく数日かけて読んだ本なのに、数日経つと内容がすっぽり抜けてしまっていることも少なくありません。

読書ノートを書くと、読んだ(インプット)だけではなく、ノートを書いている(アウトプット)ので本の内容や得た知識が定着しやすくなります

読んだ本の概要をまとめておける

本棚に本が溜まっていくと、「こんなこと書いてあるのはどの本だったかな?」と一冊一冊、本を開いて内容を確認していくことはありませんか?

読書ノートを見れば、本の内容や自分が大事だと思ったポイントをすぐ把握することができるようになります。

読書で得た知識を生活に活かせる

本を読んでも読んで終わりになってしまい、本から得た知識が自分の行動、習慣につながっていかないと思うことは多いのではないでしょうか。

読書ノートの中で、読書で得た知識を自分の行動に紐付けていくことで、少しずつ生活、習慣、仕事などを自分が目指す方向に変えていくことができます。

【簡単】読書ノートの書き方

それでは、さっそく読書ノートを書いてみましょう。

まずは一歩ずつ始めてみることが重要です。

読書ノートは次のような流れで書いていきます。

読書ノートの書き方
  • 1|ノートの準備
  • 2|これから読もうとする本のページをつくる
  • 3|ページに項目を追加する
  • 4|本を読む
  • 5|読書ノートを書く

1|ノートの準備

ノートと言っても何か特別なノートを準備する必要はありません。

自分が使いやすいノート、継続して書き続けられるノートを選びましょう。

また、紙のノートがいいのか、パソコンのノート(OneNoteやEvernoteなど)がいいのか、スマホのメモアプリがいいのか、ツール選びに迷うかもしれません。

ツール選びに迷う場合は、次のような基準で選んでみるといいでしょう。

  • 「とりあえず書いてみたい」「紙の質感がいい」という人
     → 紙のノート
  • 「手書きはちょっと・・」「キーボードで打ちたい」という人
     → パソコン
  • 「外に出ていることが多い」「いつも持ち歩いているスマホで始めたい」という人
     → スマホ

いずれにせよ、これが正解というツールはないので、自分で使いながら「これはいい」「あれはだめ」と自分に合うものを探していくのがいいと思います。

いちばん大事なことは継続することです。

読書ノートを書くことが負担になり、1冊分の読書ノートを書いただけでやめてしまっては、これまでと何も変わりません。

10冊分…、100冊分…、と書き続けられるようなノート、ツールを探しましょう。

2|これから読もうとする本のページをつくる

ノートの準備ができたら、これから読もうとする本のページを作りましょう。

まずは以下の項目と内容を書いていきます。

  • タイトル
  • 著者名
  • 出版日
  • 本の要点

タイトル・著者名・出版日

本のタイトル、著者名、出版日を書きます。

本の要点

本の要点、要約を書きますが、ここは項目だけ作っておいて本を読み終わってから内容を書くようにしましょう。

あとから見たときに、どんな内容だったのかすぐにわかるようにするための項目です。

2.これから読もうとする本のページをつくる

3|ページに項目を追加する

ノートにこれから読もうとする本のページができたら、以下の項目名だけを追加しておきましょう。

これは本を読んでいるときに、内容を書き込めるようにするスペースです。

各項目の内容の書き方はあとで詳細に説明しますので、まずは項目だけ作っておいてください。

  • 書かれていること
  • アイディア
  • 調べたいこと
  • 読了日

「書かれていること」は本の中の文章をいくつも書きますので、「書かれていること」と「アイディア」の間は多めにスペースを取っておきましょう。

例えばノートを見開きで使う場合は、次のイメージのように多めにスペースを取って項目を書いてください。

3.ページに項目を追加する

4|本を読む

では、本を読んでいきましょう。

ここでやっておくことが一つあります。

それは本を読みながら『印象に残ったこと』『心に響いたこと』『覚えておきたいこと』に線を引きましょう。

もちろん、あとで読書ノートに記録するためです。

「印象に残ったこと、心に響いたこと、覚えておきたいことはどこなのかな」と意識しながら読むことになりますので、ただ読んでいるだけのときと比較すると、それだけでも知識の定着具合に差が出てくるのは当然でしょう。

余裕があるならば、線を引いたページに付箋を貼ると、あとから線を引いたページが探しやすくなります。

5|読書ノートを書く

ある程度、本を読み進めたら読書ノートを書いていきます。

ノートには、次の3つの項目の内容を書いていきます。

  • 書かれていること
  • 考え・思い
  • 行動すること

ノートにはまだ「書かれていること」の項目しかありませんので、「考え・思い」と「行動すること」はこれから項目を追加していきます。

書かれていること

まずは、本に線を引いた最初の『印象に残ったこと』『心に響いたこと』『覚えておきたいこと』の文章を、ノートの「書かれていること」に書き写していきましょう。

考え・思い

「書かれていること」に書き写したら、次はすぐその下に、「考え・思い」という項目を追加しましょう。

「考え・思い」には、「書かれていること」に書き写した文章について、『考えたこと、感じたこと、思ったこと』を書いていきます。

「書かれていること」に書いた文章の全てに対して書いていく必要はなく、『考え・思い』があったときだけ書けば大丈夫です。

行動すること

そして、最後に重要なポイントです。

「考え・思い」のすぐ下(「考え・思い」を書いていない場合は「書かれていること」の下)に、「行動すること」という項目を追加しましょう。

上で書いた「書かれていること」と「考え・思い」の中から、自分の生活の中で活かしていける内容と場面を「行動すること」に書いていきます。

例えば、「書かれていること」に

「文章はだらだらと長く書かずに短く簡潔に書こう」

と書いたとすると、

「行動すること」に

「会社で仕事のメールは短く簡潔に書くようにしよう」

というような、自分の生活や仕事で活かせる内容と場面を書きます。

また、「書かれていること」に

「読者のことを意識して文章を書こう」

と書いて、「考え・思い」に

「いつも読者のことなど意識せず、自分が思いついたことしか書いていないな」

と書いたとすると、「行動すること」には

「仕事の報告書は上司がどう読むかを意識して書くようにしよう」

と書くことができます。

5.読書ノートを書く

「行動すること」までを書くことで、読書の効果が少しずつ自分の生活に影響を及ぼしていくことになるはずです。

気をつけるポイント

ここまで説明した「書かれていること」「考え・思い」「行動すること」を、読書の際に線を引いた分だけ繰り返していきます。

ただ、すべて読み終えた後にノートを書くと、書くのが大変になりますし、前の方に読んだ内容の記憶が薄れてしまいがちです

ですので、「書かれていること」「考え・思い」「行動すること」は、章または一つの項目が終わったら、一旦その章や項目の分をノートに書くようにしましょう

また、「書かれていること」「考え・思い」「行動すること」の項目は、何度も項目名を書くのが大変なので、例えば、

  • 書かれていること(Written)
  • 考え・思い(Think)
  • 行動すること(Action)

の頭文字を取って、「W」「T」「A」を項目名代わりに書いて、その後に内容を書くようにします。

気をつけるポイント

その他の項目

以下の項目についても、本を読みながら内容を書いていきましょう。

アイディア

本の内容とは直接関係ないけれども、本の中に書いてあるキーワードでふとひらめいたことをメモしておきましょう。

他の場面で大事なヒントになるかもしれません。

調べたいこと

わからない漢字や言葉は、本を読みながらすぐ調べられますが、あとでゆっくり調べたいことや、調べるのに時間がかかりそうなことは、ここにメモして本を読み終わってから調べられるようにしておきましょう。

読了日

本を読み終わった後に読了日を記入して、自分がいつ読んだ本なのかわかるようにしておきましょう。

あとから読書ノートを見たときに、1年前の自分はこんなことを考えていたのか、と新たな発見や自分の成長を感じられるかもしれません。

本の要点

最初に項目だけ作っておいた本の要点をまとめておきましょう。

この本にはどんなことが書いてあったのかがざっくりわかるような内容であればOKです。

ここまで、本で得た知識を自分の生活に活かしていくことができ、かつ簡単にできる読書ノートの書き方を説明してきました。

しかし、ここまで説明してきた方法でも「面倒くさい!」「もっと簡単な方法がいい!」という人のために、次の手段をお伝えしておきましょう。

「もっと簡単な方法がいい」という人の中には次の2つのタイプがいると思います。

  • 1|本は読んだけど読書ノートを書くのが面倒くさい!
  • 2|読書ノートどころか、そもそも本を読む時間すらない!

1|本は読んだけど読書ノートを書くのが面倒くさい!

このタイプの人は、本を読んでいて読書ノートの効果もわかっているんだけど、読書ノートを書くとなると面倒に感じる人です。

書くことに慣れていないと、ノートを準備して文字を書いていくということ自体が大変に感じますよね。

このタイプの人におすすめなのが、電子書籍Kindle「メモとハイライト」機能です。

Amazonの電子書籍Kindleを使えば、ハイライトでマーカーを引けばその箇所があとから一覧で確認できるので本の内容を書き写す必要がなくなります

そしてメモを入力して保存することもできるので、上で書いた「考え・思い(Think)」や「行動すること(Action)」を入力して残しておくこともできます。

具体的な機能や使い方は「電子書籍でもマーカーやメモが使える!<Kindleの「メモとハイライト」機能>」をご覧ください。

2|読書ノートどころか、そもそも本を読む時間すらない!

このタイプの人はかなり忙しい人です。

読書ノートの効果もわかっていて書きたいと思っているけど、そもそも時間が無くて本を読むことすらできていないタイプの人です。

このタイプの人は読書ノート(アウトプット)どころか読書(インプット)すらできていないので、まずは本の内容をインプットするところから始めてみてはいかがでしょうか?

そこでこのタイプの人におすすめしたいのが本を「読む」のではなく本を「聴く」ということです。

具体的にはオーディオブックを使って本の朗読を聴くことで、耳さえあれば本の内容をインプットすることができるようになります

本を「読む」ときは、手でページをめくって目で本を読むための環境と時間をつくる必要がありますが、オーディオブックではわざわざ「聴く」ためだけの時間をつくる必要がありません。

なぜならオーディオブックでは手と目が自由になるので、他の何かをしながら本の内容をインプットすることが可能になるからです。

具体的な本を聴く方法やメリットについては「本を「読む」時間が無い人は本を「聴いて」みませんか?」をご覧ください。

まとめ

今回ご紹介した読書ノートの書き方は、

本の中で自分が気になったところ(書かれていること)

自分が考えたこと・感じたこと(考え・思い)

自分の生活に活かせる場面(行動すること)

を書いていく方法です。

読書した内容を自分中心にまとめていきますので、本に書かれている知識を自分の生活に波及させていくことが可能です。

最初はノートを書いていくことが大変に感じるかもしれませんが、まずは一歩ずつ始めてみること、継続していくことが何よりも重要です

タイトルとURLをコピーしました